【早稲田数学会】早稲田大学、数学科、人材育成、数学オリンピック

【早稲田数学会】早稲田大学、数学科、人材育成、数学オリンピック


役員 (2020年1月現在)
会 長山本 慎24回卒
副会長兼たより
メルマガ編集長
植村 憲治18回卒
副会長尾崎 学数学科主任
副会長丸野 健一応用数理学科主任
情報発信委員会
委員長
木本 芳樹22回卒
総務委員会
委員長
原田 宜昭26回卒
監査役小林 良和18回卒
監査役峯尾 一弘26回卒

早稲田数学会:早稲田数学会の特徴

目的

早稲田数学会は早稲田大学理工学部(現在は理工学術院基幹理工学部)数学科、応用数理学科、数理科学科の卒業
生・在学生・教職員で構成する会員数約4,800名(2020年3月末現在)の同窓会である。多様な分野で活躍する
卒業生に世代を超えて親睦と啓発の機会を提供すること、および母校との関係を密にすることを目的にしている。


沿革

1949年 理工学部数学科発足と同時に設立、初代会長に小林正先生が就任。
     以降、1982年第18代小島順先生まで、数学科の学科主任が会長を務めた。
1955年 会員名簿(初版)を発行。
1982年 卒業生の数が増加(1500名超)したことから、卒業生が運営する同窓会に転換し、
     初代会長に第1回卒業生の大原基良氏が就任。
1986年 同窓会誌「早稲田数学会だより」を創刊。第3号から「早稲田数学会たより」となり、以降ほぼ毎年
     1回発行。数学会の活動報告、大学の近況報告、会員の活躍状況、卒業生の進路などを掲載している。
1996年 川野辺一清氏(11回卒)が第2代会長に就任。
1998年 「数学科および数学会創立50周年記念総会」において、数学会50年史の編集を決議し、資料の収集・
     整理などが実施された。
2000年 数学会事務局を55号館S棟2階に設置した。
2004年 江守貞治氏(18回卒)が第3代会長に就任。
     会員名簿(平成6年3月版)を発行。以降は発行していない。
2006年 数学会ホームページを開設し、インターネットを利用した会員間情報連絡を開始した。
2009年 数学会創設60周年記念式典および祝賀会の開催。
     早稲田数学会たより18号(数学科創設60周年記念)を発行。
2014年 数学会創設65周年記念式典および祝賀会の開催。高野尚志氏(18回卒)が第3代会長に就任。
2015年 年1回発行の数学会たよりに加えて、メールマガジンで近況の随時配信を始めた。
2020年 数学会創設70周年記念式典および祝賀会の開催。台風19号の影響で、総会と記念式典を2020年1月に
     延期して実施。山本慎氏(24回卒)が第4代会長に就任


事務局所在地

〒169-8555 東京都新宿区大久保3-4-1
      早稲田大学理工学術院55号館2階S